« 世界の環境ホットニュース(GEN)より | トップページ | 友の死を悼む »

2006年1月17日 (火)

「蔵王に産廃施設」中止求める会結成(宮城)

2006.01.13 東京朝刊 31頁 (全325字) 

 蔵王町宮地区に産業廃棄物の中間処理施設を建設する計画が表面化し、地元住民が11日、計画中止を求めて「蔵王の環境を守る会」(平間久義会長)を結成した。

 処理施設を計画しているのは同町内の業者で、自社所有地内に建設する。事業計画書によると、焼却施設と粉砕施設を整備。汚泥や廃プラスチック類、木くずなどを処理する。焼却施設の処理能力は日量24トン。環境保全対策として焼却物は建屋内に保管し、施設にはダイオキシン対策も施す。

 しかし、住民らは「環境汚染が心配。風評被害で蔵王産の農産物が売れなくなり、観光客が減少することも懸念される」として、反対の署名運動などを展開していくという。

 これに対し、業者側では「法律を守りながら計画を進めていきたい」などと話している。

読売新聞社


宮城・蔵王町に産廃中間施設計画/住民が反対グループ結成
2006.01.12 河北新報記事情報 (全572字) 

宮城・蔵王町に産廃中間施設計画/住民が反対グループ結成

 蔵王町宮に産業廃棄物の中間処理施設を建設する計画が浮上し、これに反発する地元住民たちが11日、町ふるさと文化会館で「産業廃棄物処分場に反対する住民集会」を開いた。「蔵王の環境を守る会」(平間久義会長)を結成し、計画中止を求める活動に乗り出す方針を決めた。

 産廃施設は、蔵王町の業者が自社の敷地内に計画。昨年秋の地元説明会で住民に示した事業計画によると、焼却施設と破砕施設を整備し、動物の死骸(しがい)や汚泥、がれき類などを処理する。

 環境保全対策としては、焼却物を建屋内に保管したり、処理物を建屋で囲ったりして雨水に触れさせないことや、ダイオキシン対策の実施などを挙げている。

 集会には、地元の向山、矢附両行政区の住民をはじめ、村田町の住民グループ「竹の内産廃からいのちと環境を守る会」のメンバーら約150人が出席した。

 我妻稔町議会議長や佐藤詔雄県議ら議員関係者も多数参加してあいさつし、「豊かな環境を子々孫々に残すため、結束して反対の声を上げよう」と呼び掛けた。

 蔵王の環境を守る会は今後、「環境汚染や風評被害により、蔵王産農産物が売れなくなり、観光客も減少する恐れがある」として、署名運動や県、町などへの要請活動などを展開する。20日には産廃問題に詳しい弁護士を招いて学習会を開く。

河北新報社

|

« 世界の環境ホットニュース(GEN)より | トップページ | 友の死を悼む »

コメント

 蔵王町の産廃に関して反対運動が出ているのはわかるのですが、実際には情報は一切ながれておりません。というのは、現在処理施設などの基準が厳しくなり(なぜか行政の建てる施設には審査が甘く、民間には厳しい)、2002年で1日タバコ1カートン以上のダイオキシンを放出できないようになっています。ということは、断然その辺でタバコを吸っているほうがはるかに公害なわけです。また、焼却施設も現在は800度で燃焼し、その後300度へまで熱を下げダイオキシンが空気中へは出ない仕組みなっております。
 そして、この蔵王町のはデータがない状態で「青酸カリの2万倍のもの毒性のあるダイオキシンが排出される」という文書があり、そのくらいの青酸カリの2万倍なのか?住民としては全てがクエスチョンなのです。署名運動もイメージが悪くなる・・・だけしか書いておらず、逆に憶測であることないことがささやかれています。
 数値的なデータを出すのが本当ではないのでしょうか?

投稿: 笹本 | 2006年5月30日 (火) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139482/8196959

この記事へのトラックバック一覧です: 「蔵王に産廃施設」中止求める会結成(宮城):

« 世界の環境ホットニュース(GEN)より | トップページ | 友の死を悼む »