« ダイオキシン関東ネットの出版物のご案内 | トップページ | 北区ダイオキシン等健康影響評価委員会開催のご案内 »

2006年1月13日 (金)

「噂の東京マガジン」ダイオキシン特集番組を報道!

噂の現場

忘れられた?ダイオキシンの恐怖

2006年1月8日放送

数年前まで「発がん性や生殖機能障害の危険性がある」と騒がれていた猛毒の「ダイオキシン」。
2000年の排出規制以降、大気中の濃度は激減していたが、ここにきて新たに深刻な問題が…。
それは“土の中のダイオキシン”。
東京都北区にある団地では敷地内のほぼすべての土壌から高濃度のダイオキシンが検出されたため、むき出しの土はブルーシートに覆われ、立ち入り禁止となっている。
genba01  住民たちは団地の所有者である都市再生機構に対して「土壌の全面入れ替え」「家賃引き下げ」「住民への謝罪」を求めている。
多くの人は何十年もこの団地で暮らしてきたので離れたくないというのが本音なのだ。
一方、北区は都に対し、対策費に国の補助がおりる「ダイオキシン類対策特別措置法」の指定を要望した。

 他にも汚染された所があった。それはかつてゴミ焼却施設があった東京都八王子市丸山町。
現地で健康被害を調べてみるとぜん息やアトピー、生殖疾患、ガンなどで苦しんでいる人が多く、因果関係は定かでないが住民は焼却炉との関連性を疑っている。

genba02
ところで8年前日本一のダイオキシン汚染地帯として有名になった大阪府能勢町は今どうなっているのだろうか。
ここでは構造自体に問題があった焼却炉が汚染源となったが、驚いたことに炉の解体物が置き去りにされたままになっていた!そして、自治体の未解体焼却炉は全国に349基もあるという!
さらに民間の産廃の焼却炉にいたっては、その数すら把握されていないという。
genba03

「ダイオキシンの塊」ともいえる使い古された産業焼却炉が放置される背景には、廃業してしまえば廃棄物処理法の規制を受けないという現実がある。
この恐怖に対し、国のすみやかな処理、法整備などの対策を住民たちは切に望んでいる。

genba04

|

« ダイオキシン関東ネットの出版物のご案内 | トップページ | 北区ダイオキシン等健康影響評価委員会開催のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139482/8135546

この記事へのトラックバック一覧です: 「噂の東京マガジン」ダイオキシン特集番組を報道!:

« ダイオキシン関東ネットの出版物のご案内 | トップページ | 北区ダイオキシン等健康影響評価委員会開催のご案内 »